ミストラル クロモリ のご紹介

GIOS 2018 注目のモデルといえばこちら ミストラルのクロモリバージョンです。


大人気、ミストラルの性能、乗りやすさはそのままで、

フレームをアルミからクロモリにしたモデルです。

クロモリ=クラシカルということで、胴抜きデザインになってますね。

クロスバイクではこのモデルだけですから、存在感があります。

SPECIAL CR-MO TUBING FOR GIOS のステッカーです。

ちなみに、アルミフレーム車の場合は、CR-MO が ALUMINUMになります。

タイヤはヴィットリアです。

サドルはミストラルと同じですね。

 

ちなみにこのサドル、当店では好評をいただいております。

他社のクロスバイクと比べ、幅広でクッション性もあり快適サドルです。

初めてのクロスバイクに選ばれる方が多いので、このくらいがちょうどいいのです。

 

サドルが硬すぎて、交換のお客さまは多くいらっしゃいますが、

その反対はあんまりないですからね。

こちらの商品ですが、次回入荷は来年の1月以降となっております。

ゆったりお待ちいただける方からのご予約お待ちしております。

 

ひさしぶりの

ひさしぶりに内装3段ハブのホイール組をしました。

 

スポークが一本折れたのですが、1本交換か全スポーク交換かで悩み、

全交換していただくことになりました。

 

引掛けと違い、通し穴タイプのハブはある程度ばらさないとスポークの

交換ができないのです。 そのため、1本ですがそれなりの金額になります。

 

今一本だけ交換して、他のスポークがまた折れるのも嫌だなー

ということで安心の全交換していただくことになりました。

 

いつもしている作業でしたら、体が勝手に動くのですが・・・

さーてどうだったかなー

えーと、JISとイタリアンでこれはこうして、こうなってと内装3段ハブ重たいなー

とか言いつつ 格闘しておりました。

途中からは手が勝手に動き出し、リズムよく作業が進み、一安心。

一度覚えたことはなかなか忘れないものだなーと思いました。

 

RAFFITA 2018 をご紹介します

FUJI RAFFISTA 当店初入荷。

昨年からのモデルですが、今頃入荷です。

 

なぜかと申しますと、昨年の展示会は風邪をひいて体調が悪いのに、

大阪、神戸日帰りをしてしまい、あんまり覚えていないのです。

確か、資料だけでもと思って、会場内に入った記憶はあるのですが、

自転車を見た記憶がない。

RAFFISTAって良さそうだけどーと思いながら1年が過ぎていました。

 

そんなこんなで、今回の2018モデルから展示車をご用意しました。

なんともタフな1台ですね。

そのまま乗ってもタフ、太目のタイヤにしてリジットMTBでよりタフ、

あれこれ付けて旅仕様でもっとタフな一台になりそうです。

 

Vブレーキはシマノがついてます。

シフターはALTUS SL-M2000です。 

シフトワイヤーはオプティスリックを採用してますので、耐久性と効率性UPです。

フロントディレラーもALTUSです。

ワイドリンクとオプティスリックケーブルで操作が軽いです。

リアディレーラーはACERAです。

エアロシェイプされたトップチューブ。

トップチューブ上面にRAFFISTAのプリントがあります。

最後のAの上はシールです。はがせます。

 

カラーは4色、価格¥69,000(税抜)

 

他社のエントリークロスバイクは5万円台ですから、少し高めです。

では、どこが違うのか? ってなりますよね。

 

最も体感できるところは、変速性能でしょうか。

5万台のエントリークロスはTouney(ターニー)っていうグレードがほとんどです。

あの最もコスパの良いといわれるクロスバイクもターニーですね。

 

一方、RAFFISTAはALTUS(アルタス)とACERA(アセラ)を採用しています。

では、変速性能がどうなるのかですが、

早くなり、正確になり、操作が軽くなります。あと耐久性もUP,見た目もUP?

で軽量になります。

 

特にフロント変速の性能UPは間違いなく体感できると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOKYOBIKE 26 + KiKEY 新作ライト

TOKYOBIKE26 ブルーグレーを専用フェンダー+KiLEY 新作ライト

で納車整備いたしました。

 

同じKiLEYのレトロ砲弾ライトよりかなりコンパクトになります。

リアライトの販売もありますので、前後でコーディネートできます。

 

 

MODEL-T ブラック&カーキ 展示車入荷

人気のMODEL-Tからこれまた人気のマットブラックとカーキ入荷です。

 

これで展示車はマットブラック、カーキ、スモーキーグリーン、レッド(試乗車)です。

 

子供乗せ自転車として、お買い物用として、近距離の普段使いに大活躍間違いなしですね。

 

LITTLE TOKYOBIKE アウトレット

LITTLE TOKYOBIKE モモのアウトレット品です。

 

正規品と比べ、色味が若干濃く仕上がっております。

 

価格は¥25,000(税別)と¥2,000ほどお得。

 

在庫限りですのでお急ぎください。

 

注)フェンダーは正規品カラーとなります。

 

シャロレーをご紹介します

CRAZYSHEEP 第2弾は 「Charollais シャロレー」です。

 

スタッガードフレームにシングルギア、街中で扱いやすいモデルです。

直線的なハンドル形状が特徴的。ステムがいいですね、スッキリです。

グリップ、レバー、ベル、よくまとまっています。

レバーにはストッパー機構がついてますので、ブレーキをかけた状態で固定できます。

タイヤは一般車と同じ規格26×13/8。バルブも英式です。

 

ブレーキはツーピボットキャリパーブレーキ、軽い力でよく効き、調整が容易です。

カラーはグレー、アイボリー、ダークブルーの3色。

価格は¥45,000(税抜) これかなり良心的な価格設定だと思います。

実車を見て頂けると分かりますが、とてもこの価格とは思えない完成度です。

 

「CRAZYSHEEPをより身近に楽しんでもらいたい」

そんな想いが込められているのでしょうね。

 

そんなメーカーさんの想いにこたえるべく、

これからもしっかりと組み立てをしていこうと感じました。

 

 

 

クラリスからクラリスへ

クラリス(2400系)からNEWクラリス(R2000系)へ交換作業を致しました。

 

STIレバー、ブレーキキャリパー、フロントディレーラーと費用対効果の高いもの

を替えさせて頂きました。

 

こちらは旧クラリスのSTIレバー、シフトワイヤーは外装です。

 

このタイプ、触角ワイヤーなんて呼ばれたりしますが、個人的には嫌いではないです。

こちら、新しくなったSTIレバーです。

シフトワイヤーは内装、ハンドルに沿わせてバーテープ内に収まります。

 

レバー形状が上位グレードを同じような感じになりました。

コンパクトで握りやすいです。こちらはR2000系がいいですね。

ブレーキキャリパーもテクトロからNEWクラリスへ

 

タッチが良くなり、引きも軽くなりました。

肝心の効きの方ですが、街中では十分な制動力を確保しています。

というか、本当によく効きます。ちょっとびっくりです。

従来比30%UPらしいです。

フロントディレーラーもロングアーム化で変速性能UPです。

NEWクラリスが登場するまでは、SORA(R3000系)との差が大きすぎて、

クラリス(2400系)の完成車だったら、

もう少し予算を上げてSORAの完成車にしませんか?

ってよく言ってました。これからは、クラリスで十分ですよってなります。

 

もちろん上位グレードになるほど性能UPしますので、

ご予算がある方はそちらの方がよいです。

 

 

時がたてば違いが出ますね

こちら、ROCKBIKES PRIDE の初期型のステム回りです。

 

手前のリフレクターのねじは錆がひどいですが、ステムボルトを見てください。

まったく錆びてないですね、新品の輝きです。

 

こちらは高校の通学に約3年使用してますので、タフなコンディションでこの状態。

こちらのボルトも同じです。

こちらはリアブレーキワイヤーです。

新車の時は同じように見えても、時がたてば違いが出ます。

 

Melancholy マットブラック あります

ROCKBIKES MELANCHOLY マットブラック 530 です。

現在メーカー欠品中ですが、当店1台展示車ございます。

リアブレーキはこの位置です。

ワイヤーはダウンチューブ内を通りますので、すっきりしたルックスになります。

サドルはSIXTHCOMPONENTSのHorus

ステムも同じくHorus

独自路線を突っ走るROCKBIKESのクロモリシングルスピードです。

チェーンやハブナットは錆に強いものを使っており、

ルックスだけではなく、ユーザー想いなメーカーでもあります。