グリップを

約一年使用のグリップを

これに

エルゴンいいですよね。

つや ございます

TOKYOBIKE26 つや有りモデルまだあります。

現行モデルはセミマット仕様となっておりますので、つやをお探しの方はぜひこの機会に。

価格は少しお得な¥68,000(税込)です。

TOKYOBIKE26

TOKYOBIKE26 ネイビー 納車整備いたしました。

お客様のご要望でタイヤはアイボリーに変更しております。

セミマットで落ち着いた印象のカラーです。

納車時の部品変更は作業工賃かかりませんので、お気軽にお申し付けください。

TOKYOBIKE26のカスタム一番人気はストレートハンドル仕様となっております。

LITTLE TOKYOBIKE

LITTLE TOKYOBIKEの納車整備をさせて頂きました。

カラーはサンドブラウンでとても渋い色です。大人向けの色をあえて採用するあたり、さすがTOKYOBIKEです。

アイボリータイヤとの相性もいいですね。

ブレーキレバー、アウターワイヤー、ペダルはホワイトを採用しています

 

自転車のお掃除しませんか

ブリチ゛ストンから「ウォターレス マルチ クリーナー」が入荷です。

水なし簡単洗浄で、あらゆる箇所に使用できます。

こんなところにも

さっと吹きかけてふき取るだけです。

価格¥1,000(税別)

走り終わった後に、さっと拭くだけ。これは楽ですよね。

チェーン汚れにはどうでしょうか、今度試してみたいと思います。

 

お気を付けください

先日作業させていただきましたクロスバイクの修理です。

変速機が大変なことになっております。

この方はお怪我なかったようですが、走行中にこうなるのですから大変危険です。

下の写真は変速機のアップ画像です。大きなキズが2か所あります。

少なくとも2回以上、チェーン側へ倒れたことが分かります(転倒含む)

このキズが原因となり今回のトラブルは起きました。

なぜこれがこうなってという長い説明は省きます。

 

「変速機 キズ見つけたら 自転車屋」

 

少し補足いたしますと、

変速機にキズがあって、後ろからカシャカシャ音がする場合は変速操作をしないでください

特に軽いギアへの変速すると今回のようなことになる可能性があります。

早めに自転車店にお持ちいただくことで、ちょっとした部品交換か修正で対応できるかと思います。

 

〜カタログだけでは分からない〜 一般車

今回は通学車としておすすめのマークローザ 3S(メーカーはブリチ゛ストン)を紹介します。

どちらかといえば女性向けでしょうか。

今回は少し視点を変えて、カタログだけでは分かりにくい箇所に焦点を当ててみたいと思います。

前ブレーキについて説明します。

マークローザ 3Sにはデュアルピボットキャリパーブレーキというものが採用されています。

軽い操作でよく効くブレーキなのです。

しかも調整が容易で再調整の必要があまりないのです。

下の写真はシングルピボットキャリパーブレーキです。

比較的安価な自転車に採用されています。

デュアルピボットと比べると操作感がすこし重くなります。

調整の方ですが、きっちり合わせることが難しく、

いわゆる「片効き」といわれる状態になりやすいのです。

ブレーキを上から見て、レバーを握ってみてください。

左右のブレーキゴムは同じように動いてますか?

右だけ動いてたりするとそれは「片効き」状態になっています。

シングルピボットの悪口ばかりのようですが、

ちゃんとしたブレーキですので問題はありません。

ただ、通学車として利用する場合、

学生かばんや部活の荷物なんか重たくなりますので、

この違いが大きいのです。

特に女性向けの自転車は軽い力でしっかり止まれるブレーキの役割は大きいと感じます。

シングルorデュアル あなたの自転車はどっちでしょうか?

 

以上 〜カタログだけでは分からない〜 今回は「前ブレーキ」でした。

 

 

バルブキャップ

本日はバルブキャップのご紹介です。

バルブを保護し、汚れないようにする役割があります。

チューブを買うとついてくるキャップは樹脂製なので、すぐに割れてしまいます。

アルミ製なので丈夫です。カラーを選べるので楽しいですね。

価格は¥800(税別)

バーエンドプラグ

sixthcomponentsのバーエンドプラグを紹介いたします。

「人々の感性を刺激するものづくり」「五感の先にある第六感を呼び覚ますモノ」

をコンセプトにrockbikesの完成車に採用されているパーツブランドです。

今回のバーエンドプラグ以外にも魅力ある商品を多数ラインナップされてます。

いつの間にか無くなっていることもあるドロップハンドルのキャップ、

ちょっとした物ですが見た目に大きく影響します。

また、バーテープがほつれてくるので早めに交換したいところです。

 

プラスチック製だと安価(¥300くらいでしょうか)ですが、また外れる危険が・・・

内側にテープを張って固定力を上げる方法もありますが、しっくりきません。

そこで、スクリューオンタイプのアルミ製キャップの登場です。

ねじで締めるので取れる心配がありませんし、繰り返し使えます。

価格は¥2,500(税抜) カラーは3色

 

alohalocoのkailuaを紹介します

alohaloco(アロハロコ)の自転車はハワイの街をテーマに作られています。

「kailua」はオワフ島 東海岸の街の名前で美しいビーチが広がる人気エリア、

そんな街を散策するイメージでデザインされています。

リバースレバーを採用しています これ、人差し指と中指あたりにレバーがかかるので楽に操作できます。

フレームと同色のフェンダーを標準装備しています。

alohalocoさんが一から設計したこだわりのフェンダーです。

 

重量は12kgと軽量です カラーは5色 ¥53,000(税別)