RAFFITA 2018 をご紹介します

FUJI RAFFISTA 当店初入荷。

昨年からのモデルですが、今頃入荷です。

 

なぜかと申しますと、昨年の展示会は風邪をひいて体調が悪いのに、

大阪、神戸日帰りをしてしまい、あんまり覚えていないのです。

確か、資料だけでもと思って、会場内に入った記憶はあるのですが、

自転車を見た記憶がない。

RAFFISTAって良さそうだけどーと思いながら1年が過ぎていました。

 

そんなこんなで、今回の2018モデルから展示車をご用意しました。

なんともタフな1台ですね。

そのまま乗ってもタフ、太目のタイヤにしてリジットMTBでよりタフ、

あれこれ付けて旅仕様でもっとタフな一台になりそうです。

 

Vブレーキはシマノがついてます。

シフターはALTUS SL-M2000です。 

シフトワイヤーはオプティスリックを採用してますので、耐久性と効率性UPです。

フロントディレラーもALTUSです。

ワイドリンクとオプティスリックケーブルで操作が軽いです。

リアディレーラーはACERAです。

エアロシェイプされたトップチューブ。

トップチューブ上面にRAFFISTAのプリントがあります。

最後のAの上はシールです。はがせます。

 

カラーは4色、価格¥69,000(税抜)

 

他社のエントリークロスバイクは5万円台ですから、少し高めです。

では、どこが違うのか? ってなりますよね。

 

最も体感できるところは、変速性能でしょうか。

5万台のエントリークロスはTouney(ターニー)っていうグレードがほとんどです。

あの最もコスパの良いといわれるクロスバイクもターニーですね。

 

一方、RAFFISTAはALTUS(アルタス)とACERA(アセラ)を採用しています。

では、変速性能がどうなるのかですが、

早くなり、正確になり、操作が軽くなります。あと耐久性もUP,見た目もUP?

で軽量になります。

 

特にフロント変速の性能UPは間違いなく体感できると思います。